気になるコレステロールは、どのようにして落としていけばいいのでしょう?体重ばかりではなく、健康にも大きな影響が出るので、対処法を調べてみました。

コレステロールが気になったら

コレステロールが気になったら


HOME



コレステロールが高くなっている


コレステロールが高くなっていることを、健康診断で指摘されることがあります。運動不足を解消することや、栄養バランスのとれた食事をすることが、コレステロールの改善に重要です。

食事改善で必要なことは油脂の多い料理を減らすことという印象がありますが、どんな食事をするべきでしょう。鰯、ブリ、アジなど、背の青い魚を意識して食べることが、コレステロールにはいいと言われています。血液に含まれている中性脂肪を下げる成分であるドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸は、青魚に多く存在しています。

血液中の善玉コレステロールが多くなるように、LDLコレステロールを減らすためには、ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸の摂取がよいといいます。加熱しすぎると、エイコサペンタエン酸も、ドコサヘキサエン酸も、その性質を失ってしまいますので、調理の時には要注意です。サプリメントを使うことで、食事に青魚を調理して出す手間をかけずに、必要な栄養成分を補給することができます。

ダイエットをしてコレステロールを減らすという方法もありますが、極端に食事量を減らすと身体に悪影響が及ぶこともあります。ダイエットのために食事を見直す場合、炭水化物や、糖質を減らす人は多いですが、反動で肉や卵が多くなることもあります。

どんな食べ物を減らし、どんな食べ物を今までどおりに食べるかを見極めることが、コレステロールを下げるためには必須になります。ご飯やお肉を減らした場合、代わりに食べるものとしては、野菜や果物、海草、茸、大豆加工品などにするとコレステロールに有効です。


コレステロールが高いこと


コレステロールが高いことを常日頃から気にしていて、病院で治療するほどではないけれど、日々の取り組みでコレステロールを抑えたいという人は多いようです。

コレステロール値を下げるために病院で処方された薬を飲んだり、サプリメントを摂っている人もいます。薬やサプリメントに頼らずとも、日頃の食事や規則正しい生活習慣によりコレステロール値を下げることも可能です。

コレステロール値を下げるためには、どのように食事をすれば良いのか、ご紹介していきます。コレステロールが多い要注意食材をチェックして、食事を摂るときに摂りすぎないように心がけましょう。鶏卵や魚卵などはコレステロールが多く含まれているので、食べる時には注意が必要です。

何を食べるとコレステロールを抑える作用があるかを知り、献立に活かす工夫も重要です。コレステロール値、特に悪玉コレステロールを下げる効果がある食べ物として有名なものが、サバやサンマ、イワシなどの青魚です。青魚には、DHAやEPAという栄養素が多く含まれており、これらは悪玉コレステロールを減らす作用があります。

食物繊維やビタミンEを摂ることも、コレステロール値を下げる助けとなってくれます。野菜や、海草など、低カロリーで食物繊維の多い食材を多く食べるようにして、糖質や、脂質の多い食材は減らし、晩酌の頻度を減らします。

コレステロール値を下げるためには、健康を意識した食事を心がけて頂きたいと思います。


Copyright (c) 2014 コレステロールが気になったら All rights reserved.

▲TOP